EDになってしまう原因や症状について確認しましょう

メンズお悩み相談室

男性の身近な病気「ED」

日本人の多くの男性がEDに悩んでいることから、EDは身近な病気となっています。

症状が発生したらすぐに対策を

放置しがちなEDですが、早期治療を行なえば健康を守ることが出来ますよ。

医薬品 READ MORE

EDを放置せずにクリニックに行こう

悩みを抱え込まずに、EDを治すためにはクリニックに行きましょう。

頭を押さえる男性 READ MORE

正しい知識を持ってEDを理解する

EDを治療するにあたって、正しい知識を知ることが重要です。

EDについて知ろう

医薬品

EDが発生する原因とは

日本はED大国と言われているほど、EDの症状を抱えている人が多いです。通常は性的刺激を受けることによって勃起することが出来ますが、EDだと上手く勃起することが出来ません。EDが発生する原因にストレスや生活習慣の乱れが挙げられます。普段溜まっているストレスや何気なく過ごしている日常の中で、気づかずにEDを引き起こしているでしょう。

こんな症状には注意が必要

「興奮はしているけど勃起はしない」「勃起しても硬くならない」などの症状が発生する人もEDである可能性があるので、このような体験をしたことがある人は要注意です。EDの原因は色々あることが数々の研究で判明しており、薬によっても治療が可能となっています。博多にはED専門の病院やクリニックがあるので、そこでバイアグラなどの治療薬を処方してもらえるでしょう。

発症してしまうEDのパターンBEST3

心因性ED

no.1

心因性と呼ばれるEDが年齢関係なく、最も発症しやすいと言われています。精神的なストレスや緊張が背景にあり、EDになってしまうパターンになります。

自分で勃起は出来るが、性行為を行なうとすると勃起することが出来ません。いわゆる、中折れの症状が目立ってしまうでしょう。

過去の性行為にトラウマがある、子作りに関するプレッシャーでも心因性になってしまう恐れがあるので、注意が必要ですよ。

器質性ED

no.2

次に多いのが器質性のEDです。第1位の心因性とは異なって、自分でも勃起をさせることが出来ない人が多いのが特徴となっています。

また、精神的なものとは関係ない神経や血管の障、陰茎自体のダメージによって身体的に勃起が行なえない状態です。40代を過ぎるとこのパターンが増えていきます。

器質性EDでは、生活習慣の乱れも関係していると言われています。そのため、規則正しい生活を送ることを求められていますよ。

混合型ED

no.3

EDの中でも珍しいパターンとなっているのが混合型EDです。混合型とは、その名の通りに心因性と器質性が混ざって発生しているものになります。

混合型となっていますが、実際は複数の原因がきっかけでEDになってしまうことは少ないようです。また、心因性と器質性をはっきりと分けるのは難しいので、2つの原因が同時に発生するのは珍しいでしょう。

特に高血圧症や糖尿病を患っている人がこのパターンになりやすいです。

EDを発症してしまった人たちの声

まだ若いのにEDになってしまった

ストレスが原因でEDになり、彼女との性交のときも満足に行うことが出来ません。それも原因で症状が悪化している気がします。このままだとストレスが溜まる一方なので、治療を始めたいです。

治療をしてから夫婦仲が良くなった

30代になるとEDが発生して、夫婦間が悪くなりました。病院に行き、治療薬を服用してからは新婚時代に戻ったような状態が続いています。EDで悩んでいる人は早期の治療がおすすめです。

生活習慣病が原因でEDになりました

喫煙と飲酒は若い頃からしており、食生活も脂っこいものを好んで食べてきました。それが原因で50代になるとEDが目立つようになりましたね。今は治療をしつつ、生活習慣に注意しています。

加齢による衰えとして諦めたくない

加齢とともにEDと思われるような症状が出始めて、今ではもうすっかりとダメになりました。60代になりますが、歳だし仕方ないと諦めたくはないので、これから治療を頑張っていきたいです。

「PR」
ED治療で好評な博多のクリニックを一挙掲載
コンプレックスを早期解決!

EDのセルフチェックを行なう

EDは「まったく勃起しない」状態だけを示しているわけではありません。勃起を維持する自信や性交の満足度など色々な面があります。インターネットでは国際勃起機能スコアに基づく質問票があるので、そこから自分のED度をチェックしてみると良いでしょう。すべての質問に答えることで、ED度診断が表示されますよ。

このセルフチェックの結果によっては、博多などにある病院やクリニックに行くことをおすすめします。また、気になる症状がある場合も医師に相談すると良いです。